魂を目覚めさせる縄文意識

自然の恵みが豊富な土地で、貧富の差もなく、住む家、場所、食料、快適に暮らす術を皆で共有し、仲良く暮らす――そんな暮らしが1万年以上続いた縄文時代。
食べ物などの資源は自然からいただくものであり、「足るを知る」という考え方が縄文文化には根づいていました……。(バンクシアブックスvol.043『神道の源流「縄文」からのメッセージ』〈著者:伊勢神宮 吉川竜実〉より)

1万年以上続いた縄文時代には、地球・自然と共存共生していくためになくてはならない知恵がたくさん詰まっています。

縄文コミュニティ

「自然に学び、自然に帰る」というトータルヘルスデザインのテーマの根源に、「日本人の霊性を取り戻して自然とともに生きる」という想いがあります。

そして、そのカギを握るのが縄文文化であり、私たちのDNA記憶として刻まれている。
「日本人のDNAに刻み込まれた精神性」を目覚めさせるカギを握っているのは縄文意識であり、これからの時代をいきいきワクワクいのち輝かせて生きていくことに繋がるのではないか。

――そんな想いの元、伊勢神宮の吉川竜実先生とご一緒に、縄文コミュニティを広げてまいります。

TOP