腸内フローラで、太りにくいカラダに!

 

「腸内フローラ」の働きが大きく注目を集めている昨今。腸内フローラとは、私たちの腸の中にすんでいる、100兆以上もいるといわれる菌の「生態系」のこと。私たちの生命活動に多大な影響を与えている菌たちですが、「太りすぎ」にも大きくかかわっていることがわかってきています。(参考図書:「腸内フローラ 10の真実」主婦と生活社)

今回は“スリムになってキレイになりたい”、そんな方にぜひ知っていただきたい、腸内フローラのお話をご紹介いたします。

 

腸内フローラ

 

 

 

太る人に共通する腸内フローラの特徴

腸内フローラ2013年9月、世界的な科学雑誌「サイエンス」に、「腸内フローラの乱れが肥満の原因になる」という研究結果が掲載されました。この発表以前にも、太っている人と痩せている人では、腸内フローラに違いがあるという事実が数多く報告されていましたが、この発表は「腸内フローラが直接的に肥満の〈原因〉になる」ということが科学的に証明された、衝撃的なものだったといいます。研究の現場では、太っている人と、痩せている人の腸内フローラを、それぞれマウスに移植するという実験が行われていました。同じ餌を食べているはずのマウスですが、「太った人のフローラ」を移植された方は、脂肪がどんどん増えて太ってしまったそうです。それは腸内フローラの提供者をいくら変えても同じ結果だったとか。

太っている人の腸内フローラに共通していることとして、主に「バクテロイデス」というグループに属する数種の菌数が、極端に少ないことが発見されました。

そしてこれらの菌を外部から与えることで、太りやすいからだが変わってくることもわかったのです。

そもそも、なぜ「太りやすいからだ」になるのでしょう。私たちのからだには「もしものときに備えてエネルギー源となる脂肪を蓄える」という機能があります。この機能は放っておくとどんどん働き続けて、栄養分を取り込むことに、歯止めがきかなくなるのだそうです。これにストップをかけるのが、「短鎖脂肪酸」と呼ばれる物質です。

 

 

 

 

短鎖脂肪酸が、「取りこみすぎ」をストップ!!

短鎖脂肪酸は、私たちが食べたものを、前述のバクテロイデスなどの腸内細菌が分解することでつくられます。これが体内で感知されることで、栄養分の取り込みが止まる仕組みになっているそうです。

しかし太りやすい人の腸内にはバクテロイデスが少ないため、短鎖脂肪酸がうまく生産されません。結果として栄養分の取り込みが止まらずに、どんどん蓄積されていく。これが、太りやすいからだのメカニズムだといわれています。

バクテロイデスなどの細菌たちを増やす方法はあるのでしょうか。この細菌たちは、「食物繊維」を原料に、短鎖脂肪酸をつくっています。偏った食生活によって食物繊維が不足すると、それをエサにしている細菌群が減ってしまう。これが「太る腸内フローラ」をつくる原因だと考えられています。食物繊維の多いものと少ないもの、それぞれを食べたあとの腸内を調べた実験では、24時間後にはすでに腸内フローラの変化が確認できたといいます。さらに、低脂肪・高食物繊維の食事を続ければ、数週間程度で短鎖脂肪酸の生産量が増えるという実験結果も多く得られているそうです。

低脂肪の食事選びと食物繊維を意識してとり入れることが、からだの「取り込みすぎ」にストップをかける確実な近道だということですね。

 

腸内フローラ

 

 

 

 

短鎖脂肪酸が増えれば、イイコトたくさん!

短鎖脂肪酸は、私たちの抱える様々な難題にアプローチをしてくれる物質だとわかってきました。たとえば「糖」の問題を抱える人の多くは、腸内フローラで短鎖脂肪酸をつくる能力が低下しているそうです。この問題の解決のためにつくられた食物繊維を含む食品は、人間のからだよりも「腸内細菌」にアプローチし、結果を出していると注目されています。また、ひどくなると日常生活にまで大きな支障をきたすといわれる、季節性の反応や肌の問題。これらは、外敵からからだを守る「抵抗力」の暴走によって、反応が過剰になり、引き起こされているといわれています。この「抵抗力の暴走」をなだめる働きを誘導しているのも短鎖脂肪酸の一種で、これらの問題にも、腸内細菌が重要な役割を果たしていることが明らかになってきました。解決が難しかった様々な問題。これらを解くカギの多くは、腸内フローラの握る部分が大きいかもしれません。

 

腸をイキイキ

 

 

 

 

食物繊維をとろう!

チームを組んで短鎖脂肪酸をつくる細菌たち。バクテロイデスのグループ以外にもたくさんの菌が見つかっているそうです。この菌たちのエサとなる食物繊維を積極的にとることで、腸内フローラで短鎖脂肪酸がたくさん生産され、多くの問題を解決へ導くというのは朗報ですね!食物繊維には、水に溶けるものと溶けないものの2種類があり、それぞれに腸に良い働きをしてくれます。どちらもバランスよく取り入れるように心がけたいものです。

 

 

 

水に溶けない「不溶性食物繊維」

腸内で水分を吸収して膨らみ、腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促します。便のかさをふやす作用がありますが、水に溶けない性質のため、とりすぎると便が固くなります。

豆や穀類、ブロッコリー、切り干し大根、いも類に多く含まれます。

 

腸内フローラ

 

 

 

 

水に溶ける「水溶性食物繊維」

腸管内の水を吸収し、便をやわらかくしてくれる作用があります。善玉菌のエサとなり、ネバネバとした粘性で腸内の老廃物や毒素を吸着、便として排出します。悪玉菌を減らし、腸内環境を整える働きもあります。

果物、海草類、きのこなどに多く含まれます。

 

腸内フローラ

 

 

 

 

スーパー食物繊維「アガベイヌリン」

「アガベイヌリン」は、水溶性食物繊維ですが、不溶性食物繊維と同様、便の量を増やし、便通を促進する力ももっています。その保水性によって水分をたっぷり含んで、消化されずに大腸へたどり着き、便を軟らかく出しやすくするのです。

私たちの腸に運ばれる、食品添加物なども吸着、体外へ排出する働きがあります。また、一般にミネラルの吸収を妨げるといわれる食物繊維ですが、「アガベイヌリン」は、便通の促進に働きかけるだけでなく、その細菌たちの働きを助けることで、ミネラルの吸収も助けてくれる、「スーパー食物繊維」。水溶性食物繊維としての働きによって腸内菌を増やし、それらがカルシウム、亜鉛などの必須ミネラルの吸収率を顕著に高めることが研究でわかっています。

 

 

 

 

▼短鎖脂肪酸をつくる菌たちのごちそう、「アガベイヌリン」がとれる!『毎日アガベ』

 

毎日アガベ 現代人に不足しがちな水溶性食物繊維を、手軽にたっぷりとることができる『毎日アガベ』!そのまま食べてもOK。冷水にも溶けやすいため、熱い飲み物や冷たいドリンク、様々なお料理に混ぜてお召し上がりいただけます。 詳しくはこちら

 

体も心も魂も美人に! 自分の中の潜在的な美しさを引き出す美習慣メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事