~自然に学ぶ~ 『絆+(みのり・あい)』スタッフしんやの農業日誌

こんにちは!

農業担当の青木しんやです。

野菜の種を蒔く時期。

参考書などをみると直ぐに蒔き時期はわかりますが、

昔の人は、自然から学び取っていたそうです。

例えば、サクラが咲き始めると、種もみ(お米の種)を蒔く時期など。

他にもありますが、自生している草木や花々を成長みる事によって自然の流れ

を感じ生活していたそうです。

9月は大根の種を蒔く時期になります。

この時期の大根はきめが細かく、沢庵漬けやおでんなどの煮物に向いていて、

とても美味しいです(*´u`*)

秋蒔きは、虫が少なくなるので野菜を育てやすい環境になりますが、

気候が寒くなっていくので種まきの時期が少しでも遅れると

生育に差が出るので、注意が必要です。

こんな時、昔の人は「萩の花」が咲く頃を目安にしていたそうです。

萩の花を探そうと思いましたが・・・

萩の花を知りませんでした(恥)

ネットで萩の花を調べて、会社の周りを探してみると、

直ぐに見つかり、キレイな花が咲いていました。

萩の花をみつけて一安心。

萩の花をカメラで

「カッシャ」

 

たくさん咲いてて・・・

っていうか満開やん~

大根の蒔き時期遅れたかも。

早速、大根の種を蒔きたいと思います!!

※絆+(みのり・あい)
トータルヘルスデザインでは、農業のことを「絆+(みのり・あい)」と呼んでいます。
「絆」から「実り」が生まれるという意味合いがあります。
また、「絆」を土台にして“愛が実る”、“穀物が稔り相楽しい”という意味も含んでいます。
そして、「+(プラス)」の意味は、どんどん指数関数的に増大していくことを意味しています。
(2017.09.11.)

体も心も魂も美人に! 自分の中の潜在的な美しさを引き出す美習慣メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事