冷やさない体をつくる♪

 

冷やさない体づくり、はじめませんか?

 

「血の道の知恵」継承者の室谷良子さんが、生活の知恵としておすすめしている「冷えとり」の秘訣。

 

こちらの中から、普段の生活に簡単に取り入れることができる、“体を温めて毎日を楽に過ごす秘訣”を3つ、ご紹介いたします。

 

むずかしいことが苦手な人や、なかなか生活習慣を変えられない人にオススメです。

冷やしたくない人、めぐりをよくしたい人、姿勢美人を目指す人は、ぜひお試しください。

 

冷えに関する記事はこちらをどうぞ

 

 

首の付け根まわりにバンダナを巻く

 

無理な姿勢や根をつめた作業などで筋肉がこわばり、血流が滞ると、肩や首が重くなることや、目が冴えて、夜、寝付きにくくなることがあります。

 

そんな時は、首の付け根まわり(首の後ろ)を温めてください。

 

手軽なのが、バンダナを首に巻く方法です。

バンダナを巻いて、首を温めると、めぐりがよくなり体も温かくなりますので、緊張がゆるみ、とてもリラックスできます。

 

①大きめのバンダナを二つ折りにする。

 

 

 

②数回折る

 

 

 

 

③首に巻く(端を内から外へよじります)

 

 

 

 

④先を結んだら、完成♪

 

【おすすめポイント】

首回りが空いた服を着ることことが多い夏は、首にクーラーが直接当たり、知らず知らず体を冷やしてしまいます。冬も首を冷やすと、体調を崩しやすく・・・リラックスしたいとき、冷やしたくないときにぜひ♪(スタッフ直子)

 

 

 

腰回りの筋肉を鍛える

 

腰は、体の上半身と下半身を結びつける“かなめ”のようなところです。

 

5つの腰椎と仙骨・恥骨・座骨などからいわゆる「腰骨」が構成され、それらを支えているのが、中殿筋や大殿筋といった「お尻の筋肉」です。

体の大事な部位であるだけに、腰を痛めると全身に影響が出てきます。

 

腰の骨や筋肉がゆがんでいると、姿勢に影響が出てきます。それにより、筋肉が圧迫されて血のめぐりが悪くなる・・・それが冷えの原因となってしまいます。

 

姿勢をよくすることは、冷やさない体づくりへの近道です。それでは、姿勢を正しく保つための椅子の座り方を紹介します。

 

椅子に反対向きに座る

背中がゆるい「く」の字になるように。

 

 

反対向きに座れないとき

 

ふだん、オフィスなどでは、椅子に逆向きに腰かけることはできません(^-^;

そこで、通常の腰かけ方で、姿勢を正すのによい方法があります。

 

背筋をまっすぐ伸ばして椅子に腰かけます。膝の内側から椅子の端まで、こぶし2個分くらい開くようにし、膝の角度を90度に保ちます。

この姿勢は、体のラインをとても美しくしてくれます。女性にとっては、一石二鳥ですね。

 

【おすすめポイント】

わたしは、腰が張ったり固くなってつらい時にこの反対座りをすると、驚くほどラクになります(^o^)しばらくやってると、姿勢もよくなり、肩の余分な力が抜けてデコルテラインが広がるので、呼吸が深くなるのを感じます!(スタッフ直子)

 

 

キレイの力UP☆靴の選び方

一日履いていても疲れにくく、脚がキレイにみえる靴の選び方をご紹介します。

自分に合った靴を選んで、かっこよく歩きましょう♪

 

キレイな脚を目指して☆パンプス選び チェック項目

 

✔ ヒールの底面積は広い方がらくちんです。

  ※ヒールは高さのある方が脚はキレイにみえます。

   が、あまり高すぎると足指に負担がかかってしまいます。

   5cmまでのヒールなら、フラットシューズより疲れにくいのでおすすめです。

 

✔ 足を支える役割のあるヒールカウンターは、ある程度の硬さがあると、より安定します。

 

✔ シャンクの部分は、押してゆがまないか、購入前にしっかり確認しましょう。

 

✔ 靴にかかとをきちんと合わせた状態で、足指をギュッと曲げて戻すことができれば、かえし部分がピッタリ合っている証拠です。

足の形が人それぞれ違うように、靴もメーカーやブランドによってサイズやフォルムが異なります。

靴を選ぶときは、足がむくんでいる夕方以降に試着すること、必ず両足ともに履いてみること、そして、足にフィットするかどうか歩いてみること、がポイントになります。

 

 

歩いても疲れにくくて、スラっと脚がキレイにみえる、素敵な一足を見つけてください。

 

【おすすめポイント】このポイントを押さえるようになって、靴ズレや足元のグラつき、歩き疲れがぐんと楽になりました♪(スタッフ直子)

 

 

 

以上、誰でも簡単にできる、“体を温めて毎日を楽に過ごす秘訣”をご紹介しました。

重ね着や温かい食事をとる、など生活の見直しではないので、一見、?(ハテナ)かもしれませんが、骨格や筋肉を正しい位置に戻すこと、正しい姿勢を心がけることは、実は、体を冷やさない大切な方法です。

 

めぐりアップや姿勢美人を目指す人は、ぜひ試してください。

体のゆがみや筋肉のこわばりを手放すことで、体も心も、温かく、ほどよくゆるむのを感じていただけると思います。

 

皆さまが、温かく元気に過ごしていただけますように♪

 

室谷良子さんの冷えとりの秘訣は、まだまだたくさんあります。

参考書籍:からだがスーッと楽になる全身ケア 著書:室谷良子 監修:川嶋朗

参考書籍

 

血の道の知恵 京都セッション

血の道の知恵 東京セッション

体も心も魂も美人に! 自分の中の潜在的な美しさを引き出す美習慣メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事