美と健康セミナー情報★丸山修寛先生ご登壇(2018年5月)

古代の知恵「カタカムナ」と現代医学を融合させた治療

2018年 5月の美と健康セミナーには、「薬を使わない医療」を目指して日々進化を続けておられる、丸山アレルギークリニック理事長で医学博士の丸山 修寛(まるやま のぶひろ)先生をお招きいたします。

昨年(2017年7月)は、上古代の文献「カタカムナ」の図象からインスピレーションを受けた健康法や治療の数々をお伝えいただきました。今回はさらに「カタカムナ+色」「カタカムナ+数字」「カタカムナ+DNAコード」などを組み合わせた進化バージョンをお披露目いただく予定です。

 

「カタカムナ」の図象で快方に向かう!?

カタカムナ

カタカムナ文献によると、宇宙は眼に見えない潜象界(高次元世界)と目に見える現象界(私たちの住む三次元世界)で成り立っていて、この2つの世界をエネルギーや物質、情報などが循環すると上古代人は考えていたようです。

丸山先生は実際の治療にカタカムナの図象を取り入れたところ、快方に向かわれる患者さんが劇的に増えたことから、「カタカムナ健康法」を確立されました。

(※イラスト・・・カタカムナ第五首)

例えば、ガンなどの難病ひとつとっても約半分はよくなりますが、約半分は命を落としてしまいます。つまり、解決法の半分は私たちの世界にあるけれども、残りの半分は高次元世界にあって、それを私たちに住む世界へ持ってきてくれるのがカタカムナ文字なのだと丸山先生はおしゃいます。

 

言霊・形霊を使った未来医療

また最新情報として、丸山先生の研究の叡智が詰まった「クスリエ(薬絵)」についてもご紹介させていただきます。

この「クスリエ」は人の背中に貼ると、10人中8~9人が温かいと感じるような不思議な図形。

肩こり、手のしびれ、めまい、痛み、せき、かゆみ、だるさなど、かなり広い範囲の不調が改善される場合もあり、カタカムナ健康法と組み合わせることもできるそうです。

まるで薬のような働きをする絵(デザイン)ということで「クスリエ(薬絵)」と名付けられました。

●「クスリエ」について下記の動画で少しお話くださっています↓

ご来場者の皆さまには、この「クスリエ(薬絵)」の最新バージョンをプレゼントさせていただけるようにご準備しています!

 

お金のかからない、薬を使わない治療法を目指して

最後に丸山先生からのメッセージをお伝えいたします。

「カタカムナの意味については様々な解釈がありますが、私の辿り着いた答えは意味よりも”古代の叡智をどのように役立てるか”ということです。丸山修寛先生

約20年前から色や形の力に着目し研究をしていて、お金のかからない、薬を使わなくてもできる治療法を求めてきました。大きな意味ではカタカムナ文字も「クスリエ」のひとつです。

あやしいと言われこともありますが、気にしません。苦しんで助けを求めている人がいれば、あらゆることをやってみようと思っています」

 

今回のセミナーではどんなサプライズや最新情報が飛び出すか、どうぞご期待ください!

ご家族、ご友人の皆さまとお誘いあわせのうえ、美と健康セミナーにお越しくださいますよう、スタッフ一同心よりお待ち申しあげております。

 

丸山修寛先生ご登壇の美と健康セミナー(5月)東京と大阪で開催します。

 

トータルヘルスデザイン 美と健康セミナー情報はこちらから♪

体も心も魂も美人に! 自分の中の潜在的な美しさを引き出す美習慣メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事