~夏野菜の苗作り~ 『絆+(みのり・あい)』スタッフしんやの農業日誌

こんにちは!

農業担当の青木しんやです。

 

そろそろ夏野菜を育てる準備がはじまります。

 

今年、育てる野菜の品目

  ↓

・ファーストトマト

・ミニトマト

・真黒なす

・長崎長なす

・加賀節成きゅうり

・八丈おくら

・東京南瓜

・黒田五寸人参

・金町小かぶ

・時無し大根

・もろへいや

・しゃもじ小松菜

・千筋京水菜

・レタス

・赤じそ

・青じそ

・ズッキーニ

・万願寺とうがらし

・きたあかり(じゃがいも)

・ゴーヤ

 

今のところ20種類蒔く予定です。

 

苗を買ってきて植えてもいいのですが、種から育てるのも楽しいです。

種から育てるのは手間がかかりますが、子育てをしているような感覚になります。

温度管理や、水のやり方、いろいろと丁寧にお世話していくと可愛くなってくるのです。

 

野菜の種はすべて、直接土に蒔いて育てることができますが、発芽しなかったり、虫に食べられたり、うまく育たないこともあるので、苗を作った方が確実に育てられます。

 

が、、、苗を作るのは簡単ではありません。

 

失敗して、蒔きなおす事も多々あります(´_`。)

まだまだ勉強中です!

 

さて、苗作りは、種蒔きの時期より約2カ月前にはじめます。

 

この2カ月で野菜がしっかり成長するので、種で蒔くより、早くたくさん収穫できます。

 

今年育てる20種類の野菜のうち、苗作りするもの

  ↓

・ファーストトマト

・ミニトマト

・真黒なす

・長崎長なす

・加賀節成きゅうり

・東京南瓜

・ズッキーニ

・万願寺とうがらし

・ゴーヤ

 

これ以外の野菜は、直接土に蒔きます(直蒔き)。

 

 

 

地方にもよりますが、うちは昨日(2/28)、トマト、なす、万願寺とうがらし、レタスを蒔きました。

 

 

 

 

ファーストトマトの種

 

 

 

 

種まきの様子♪

 

 

 

きゅうり、南瓜、ズッキーニ、ゴーヤは、もう少し暖かくなってから苗作りをします。

 

苗(蒔いた種)は、ビニールハウスの中で育て、ゴールデンウィーク前後の晴れた日に畑に植えます。

 

 

野菜と対話しながら楽しく育てていきたいと思います。

健康な苗が育ちますように 八(^□^*)

 

 

※絆+(みのり・あい)
トータルヘルスデザインでは、農業のことを「絆+(みのり・あい)」と呼んでいます。
「絆」から「実り」が生まれるという意味合いがあります。
また、「絆」を土台にして“愛が実る”、“穀物が稔り相楽しい”という意味も含んでいます。
そして、「+(プラス)」の意味は、どんどん指数関数的に増大していくことを意味しています。
 
(2017.03.01.)

体も心も魂も美人に! 自分の中の潜在的な美しさを引き出す美習慣メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事