~楽チンばら蒔き~                『絆+(みのり・あい)』 スタッフしんやの農業日誌 

こんにちは!

 

農業担当の青木しんやです。

 

去年植えたスナップエンドウと、葉やさい達です。

 

20170114月 葉物 011

 

寒さよけの布(不織布)を上からかけています。

 

春には、おいしいスナップエンドウが収穫できますようにm(゚- ゚ )カミサマ

 

葉やさい達は小松菜、ホウレン草、ルッコラなどなど・・・

 

植えている場所は、畑ではなく花壇です。

 

この花壇は日当たりがよく、やさいがイキイキと育ちます。

 

いろんな葉やさいが混在しています( ゜Д゜;)

 

20170114月 葉物 010

 

きっちり種を蒔くのがめんどくさかった訳ではなく、いろんな種を混ぜると
なぜか生育が良くなるのです。

 

しかも、種の蒔き方も、いい加減(良い加減)。

 

少し耕して、畝も立てずに種をバラバラ~っと適当に蒔きます(^∇^)

蒔いた後は、土を被せず、ほうきなどでサラサラ~っと掃くだけです(^O^)

 

なぜか、このやり方がうまくいきます。

 

最後まで間引きながら食べられるので、長く楽しめます。

 

皆様も、気が向いたらやってみてください。

 

 

※絆+(みのり・あい)
トータルヘルスデザインでは、農業のことを「絆+(みのり・あい)」と呼んでいます。
「絆」から「実り」が生まれるという意味合いがあります。
また、「絆」を土台にして“愛が実る”、“穀物が稔り相楽しい”という意味も含んでいます。
そして、「+(プラス)」の意味は、どんどん指数関数的に増大していくことを意味しています。
 
(2017.01.23)

体も心も魂も美人に! 自分の中の潜在的な美しさを引き出す美習慣メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事