『絆+(みのり・あい)』 スタッフしんやの農業日誌 ~切干大根~

こんにちは!

 

農業担当の青木しんやです。

 

毎年11月ぐらいから切り干し大根を使った料理が社食に出てきます。

ハリハリ漬けや炊いたものなどなど。

 

切り干し大根は簡単に作れるので、いつも手作りしています。

 

皮だけの切り干しもおいしく食べられるので、会社では、皮、実(み)両方を使います。

 

大根の皮を干すと、かなり旨味が出るのでおすすめです!!

大根は、皮も実(み)も常備野菜として重宝しますので、ぜひチャレンジしてください。

 

切り干し大根

【作り方】

大根を太めの千切りにして、ざるに入れ、雨のかからないところで天日干しします。

天候にもよりますが、天気が良ければ、2~3日で完成します。

 

☆干し加減、大根のカットの大きさはお好みで、長期保存する時はしっかり乾燥させます。

 

 

DSCN3841

 

 

 

※切り干し大根は、乾燥しやすくて風が吹く、1月~2月にかけてが作りやすい時期になります。

 

野外で干せない場合(天候が悪い時など)は、窓際の太陽が当たるところで、『新林の滝』などを利用するとうまく乾燥できます。

 

「新林の滝」の詳細はこちら

 

※絆+(みのり・あい)
トータルヘルスデザインでは、農業のことを「絆+(みのり・あい)」と呼んでいます。
「絆」から「実り」が生まれるという意味合いがあります。
また、「絆」を土台にして“愛が実る”、“穀物が稔り相楽しい”という意味も含んでいます。
そして、「+(プラス)」の意味は、どんどん指数関数的に増大していくことを意味しています。

 

(2017.01.14)

体も心も魂も美人に! 自分の中の潜在的な美しさを引き出す美習慣メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事